HOME 研究会概要 構造概要 施工方法 施工事例 お問い合わせ

研究会概要

プレテンション・プレキャストウエブ橋研究会はプレテンションウエブを用いたプレストレストコンクリート(PC)橋建設工法の調査、研究、開発、および普及を図る目的で平成16年7月に設立されました。以来、橋梁工事に携わる企業の能力を結集し、プレテンション・プレキャストウエブ橋の普及と開発に取り組んでいます。



挨拶
 
会長 池田尚治

プレテンション・プレキャストコンクリートウエブ工法は既に今から60年程前の1947年から1951年にわたりフレシネーによってパリ郊外のマルヌ5橋の建設に全面的に採用されました。スパン74m、幅員8.4mで下フランジがアーチリブを構成したこれらの橋は、独特の美しさを持つ画期的な橋梁であり、長さ2mのプレキャストセグメント合計960個(各橋6主構で構成され1主構あたり32個のセグメントからなる5橋分)にすべてプレテンションウエブが用いられたのです。鉛直方向のプレストレスは最適と思われる4MPaです。その後1977年にセーヌ川に架けられたスパン320mのPC斜張橋であるブロトンヌ橋にもプレテンションウエブが全面的に採用されましたが、それ以降はポストテンション方式が発展したためか殆んどこの工法は用いられてきませんでした。
一方、1986年にはフランスのコニャック地方に波形鋼板ウエブを用いたコニャック橋が建設され、我国でも1993年に新潟県の新開橋がこの方式で建設されて以来、特に我国では波形鋼板ウエブPC橋が急速に発展して現在に至っております。
このような状況の中で波形鋼板ウエブに匹敵するコンクリートウエブの可能性としてのプレテンションウエブに関する関心が高まり、(社)プレストレストコンクリート技術協会では委託による調査研究委員会(委員長筆者)を設立して2003年にこの工法に関する設計施工ガイドライン(案)を取り纏めました。なお、このような活動は本研究会の技術顧問である阿部登氏の積極的な提案がきっかけとなりました。筆者も横浜国立大学においてこの技術に関する委託実験研究をおこなってこの工法の妥当性と基礎的な技術資料を提供することができました。
2004年には関係各位のご努力によりこの研究会が発足いたしました。この研究会の活動の成果が実を結んでようやくこの工法を一部で採用した新名神高速道路の錐ヶ瀧橋が2007年に完成し、引き続いて東名高速道路(改築)の中新田高架橋の建設にこの工法が全面的に採用されて一躍この工法が橋梁界の注目を集める状況になってきました。
高強度コンクリートやプレストレストコンクリート技術が大いに発展してきたことが改めてプレテンションウエブ工法の優位性に大きく寄与しているものと思われ、フレシネーのマルヌ5橋の建設後に必ずしも発展しなかったこの技術が現在に至って大きな可能性を発揮できる状況になってきたものと考えられます。プレストレス技術はプレキャスト材を全体的なプレストレスによって一体化できるすばらしい技術ですので今後益々この工法が発展普及することを期待いたします。

2009年3月

プレテンション・プレキャストウエブ橋研究会
会長 池田尚治




研究会員

株式会社安部日鋼工業
  ドーピー建設工業株式会社
  株式会社IHIインフラ建設
川田建設株式会社 株式会社日本ピーエス 株式会社富士ピー・エス
極東興和株式会社 株式会社ピーエス三菱 三井住友建設株式会社
オリエンタル白石株式会社

Copyright 2009 プレテンション・プレキャストウエブ橋研究会 all rights reserved.